一般社団法人 福島県理学療法士会

日本理学療法士会 マイページ

Loading

活動状況

1 / 11
  • 2017.07.12

理学療法の日公開講座「広げよう介護予防」が開催されました

平成29年7月8日(土)に総合南東北病院NABEホールにて「理学療法の日公開講座」が開催されました。

昨年同様、公益事業局と地域包括ケア推進委員会での協同開催となり、定員を超える参加者があり大成功裏に終える事が出来ました。また驚いたのは参加者の半数はPT以外の職種の方々で介護予防への関心の高さが伺えました。

 

前半は舟見副会長より、リスク管理の視点から介護予防の知見をご講演頂き、後半はシルバーリハビリ体操指導士養成事業が地域づくりに役立つと、茨城県での先進事例を日本理学療法士協会の大西氏よりご講演頂きました。

 今後はより地域や行政との関わりが大切になってくると思われます。その為にはより広く、深い知見が必要であると同時に期待もされております。 専門職として期待に応えられるよう頑張っていきましょう!

地域包括ケア推進員会

枡記念病院 阿部誠

 

 

 

 

 

  • 2016.08.28

第4回 地域包括ケア・介護予防推進リーダー導入研修会開催

 

第4回 地域包括ケア・介護予防推進リーダー導入研修会が平成28年8月20日と21日にポラリス保健看護学院にて開催されました。

両日で70名の参加者があり、初日は地域包括ケアシステムの概要や、地域ケア会議の位置づけ、理学療法士の役割などについて、2日目は介護予防事業への取り組み方や、行政との関わり方、「みんなの体操」の紹介など、ロールプレイも交えて行われました。

当県士会の地域包括ケア推進委員の方々が講師で、実際の現場での体験や今後の活動に参考になるアドバイス等を交え、楽しく且つ熱くご講演頂きました。

病院や施設で働く理学療法士が多い中、地域包括ケア構築にはその地域住民や行政等の関わりが必要不可欠であり、重要と思います。しかし他職種(医療・介護以外の職種)と関わる事が少なく、苦手?な理学療法士が非常に多い事も現実の様な気がします。

今回の研修会はこれからの理学療法士の職域を担保する為にも、重要な研修会であり、より地域で活躍することが出来るチャンスでもあります。来年度開催の際は、より多くの理学療法士が参加してくれることを期待したいと思います。

 

地域包括ケア推進委員会事務局

枡記念病院 阿部誠

  • 2015.03.30

リーフレットのご紹介

理学療法士が担うことのできる役割を紹介するリーフレットを作成しました。イベントにて配布しております。また、協会のホームページにも掲載されていますので、ぜひご覧ください。

「理学療法士がまちの元気を支えます!」PDF:1.3MB

  • 2015.03.30

理学療法士の活用について

「リハビリテーション専門職等の広域派遣調整」に対する連絡対応窓口を、ぜひご活用ください。


[連絡対応窓口]
福島県理学療法士会 地域包括ケア事務局
chjimu@fukushima-pt.com  

1 / 11