一般社団法人 福島県理学療法士会

日本理学療法士会 マイページ

Loading

災害支援ネットワーク

  • 活動状況
  • 2018.01.27

平成29年度福島県災害派遣福祉チーム員養成スキルアップⅡ 研修会参加報告

平成30年1月22日(月)~24日(水)、ビックパレットふくしまにおいて、平成29年度福島県災害派遣福祉チーム員養成スキルアップⅡが開催された。

 

今回の研修では、平成28年岩手県台風10号水害、熊本地震への災害派遣の活動の実際から研修が開始した。
シュミレーションでは、「第2次班」としての活動を前提とした研修であった。
社会福祉士、介護福祉士、作業療法士、理学療法士などの職種、5~6名で構成されたチームにわかれ、「第1次班からの引継ぎ」「困難事例への対処」「第3次班への引継ぎ」などを主な主題として、避難所での連携や環境設定、様々な事例に対応出来ることを目的とした内容であった。
より具体的な対応策を検討する機会が多く設定されており、充実した3日間であった。
過去2回の研修と今回の研修会参加により、災害に対する明確なイメージが出来たと思われる。
参考までに参加者は、PT5名、OT4名でした。

 

感想
この研修会は、福島県災害派遣福祉チーム員養成基礎研修会とスキルアップⅠを修了した者に参加資格がある。
福島県災害派遣福祉チーム員として活動するには条件があり、
・理学療法士であること
・福島県と職場間で、派遣について協定を締結すること
・福島県災害派遣福祉チーム員養成基礎研修を修了すること
となっており、実際の派遣活動には準備期間も必要となる。
毎年、養成基礎研修会は開催されるので、災害への認識や対応力、地域貢献も含め、積極的な参加が期待される。

研修会を企画された、福島県、福島県社会福祉協議会は勿論、東北福祉大学、岩手県社会福祉協議会の皆様には、大変お世話になりました。この場をおかりして御礼申し上げます。

 

報告者:総合南東北病院 室井宏育