一般社団法人 福島県理学療法士会

日本理学療法士会 マイページ

Loading

2016年6月

1 / 11
  • 相双支部
  • 2016/06/29

相双支部症例検討会

相双支部症例検討会

平成28年6月24日に南相馬市のひがし生涯学習センターにて、平成28年度相双支部症例検討会を開催しました。発表者は相双支部の2年目PTが中心となり4名の方が症例発表を行いました。参加者は26名となり、各施設から新人・中堅・ベテランを含めて活発な意見交換が行われ、各症例・研究について日頃の臨床での疑問点などを含めて有意義な討論が行えました。相双支部の会員数も徐々に増えており、若手PTも増えてきています。今後もこのような意見交換の場を提供して、相双支部を盛り上げていけるようにしていきたいと思います。

相双支部 学術局員 池田陽一郎

 

  • 会津支部
  • 2016/06/13

会津支部活性化症例検討会開催

会津支部活性化症例検討会開催

 平成28年6月10日に今年度第1回目の会津支部活性化症例検討会が、会津医療センターにて開催されました。昨年度までは有志で行っていましたが、今年度から発表者には新人教育のポイントもつき、会津支部の正式な活動として月1回開催していく予定です。今回は15名が参加し、他施設間での活発な意見交換が行われ有意義な会となりました

  • 県北支部
  • 2016/06/09

つながる交流 笑顔の先へ

つながる交流 笑顔の先へ

去る5月20日、恒例の支部新人歓迎会・交流会がウェディングサンパレス福島にて開催されました。オレンジ色の華やかなテーブルクロスに彩られた会場では、昨年を上回る116名の会員が交流を深め、幅広い世代の会員が来場し、会場のいたるところで熱気に包まれた情報交換が繰り広げられました。

大ベテランの南先生のご挨拶では、永年にわたって理学療法士として社会に貢献されてきた半生について触れられ「誰のために何をやるか、何をなすべきか。そしてそのために多くの引き出しを持て」と、恩師山口二郎先生のお言葉を会員に向けた激励として頂戴致しました。
会のサブタイトルは「つながる交流 笑顔の先へ」。会を重ねるにつれ、世代や事業所をこえた繋がりの輪が広がっています。

 

 

  • 県南支部
  • 2016/06/01

平成28年度第1回支部役員会、及び、支部総会の開催

平成28年度第1回支部役員会、及び、支部総会の開催

平成28年5月10日(火)、白河厚生総合病院にて、支部長はじめ、役員12名の参加で、第1回支部役員会を開催しました。また、18日には支部総会を会田病院で開催し、役員を含めて42名の参加で、今年度の事業計画を確認しました。今年度も、県南圏域に適した研修会やOT・ST支部役員との情報交換も活発化させて、各事業を展開していこうと士気を高めました。今後、交流会の開催予定ですが、総会時に新人の自己紹介も行い、県南支部も次第に会員数が増加傾向にあるため、各事業所間の繋がりが益々深まっていくと確信いたしました。

 

1 / 11