一般社団法人 福島県理学療法士会

日本理学療法士会 マイページ

Loading

リハビリテーションを通して、安心できる街づくりを。

このたびの東北地方太平洋沖地震によって、亡くなられた方々に深い哀悼の意を表しますとともに、被害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げます。 戦後最悪の犠牲者を出したこの震災は筆舌に尽くしがたいもので言葉もありません。家を失って避難を余儀なくされ、身内を亡くされた方々の悲しみは察するに余りあります。 私たちの福島県も、浜通りに過去に例を見ないひどい津波の被害を受けました。また、中通り、会津もまた地震により住居や職場に被害を受け、日常生活に戻れていない方も多くおられます。 なにより、私たち福島県民にとっては、地震と津波のみならず、原発の問題があります。原発周囲からの避難指示や屋内退避と、まちが全く機能していません。全国各地に避難された方々の望郷の思いを察するに、原発の危機が早期に終息することを強く望むものです。  そのように、それぞれが厳しい生活を送っているなかで、福島県内の理学療法士のメンバーは、自他共に困難のなか、泊まり込みの連続、昼夜を問わず、怪我や病気、障害のある方々のために懸命の治療・支援をしています。その献身に心から敬意を表します。同時に、戦いは長期戦でもあります。ぜひとも頑張っていただきたいと思います。 福島県理学療法士会としては、福島県立医科大学の災害医療チームの一員として参加し、被災地の支援を行っています。

しかし、あまりにも多くの避難者のため、二次災害への対策も必須です。全国の理学療法士会ならびに関係団体と連携して早急に対応します。福島県の会員の積極的な支援と協力をお願いします。  災害対策は、初動・応急・復旧・復興の各段階があり、今の困難を救い、未来に向けたスタートをいかに速やかに切れるか、ビジョンを示せるかが重要になります。震災直後に求められる個々の医療・介護などの様々なリハビリテーションは、まちづくりというリハビリテーションに移行するでしょう。日本リハビリテーション病院・施設協会名誉会長の澤村誠志先生が、阪神・淡路大震災後の教訓について各地で講演されているように、復興への過程がまさにリハビリテーションそのものです。その意味で、私たち理学療法士がそれぞれの役割を果たすことがとても重要になります。 これからは困難に打ち勝って、安心できるまちづくりの構築です。安心して暮らせるようになるには、長い道のりかもしれません。しかし、必ずや明るい未来にするべく、私たちが地域のともしびとして、一致団結しましょう。また自身、国会議員の職責として、この災害に全力で対処するとの思いで頑張ってまいります。頑張りましょう。