一般社団法人 福島県理学療法士会

日本理学療法士会 マイページ

Loading

地域の皆様へお知らせ

最近の公益事業活動

  • 2017.02.24

介護職員の包括的腰痛予防研修会(県南)

2月8日に白河市立図書館地域交流会議室にて地域医療介護総合確保基金事業の一環として包括的腰痛予防研修会を開催しました。

県内6地域での順次開催で、今回の県南地区は5地域目となり、17名の介護従事者の方々にご参加頂きました。

 

研修会は、腰痛の原因と対策、介助技術、福祉用具の活用の3つをテーマとし、講義と実技を交えた内容となっています。機能的な腰痛の原因から少数編成の実技などを通して「日ごろの動きの大概が良くない動きだったことが知れた」「介護される側・する側の状態を知ることができた」など日々の業務への気づきとなる感想を頂くことができました。

私たちの知識と技術が介護職員の方々の身を守ることのお手伝いとなり、利用者様の安心に繋がっていければと考えています。

 

 

  • 2017.02.06

車椅子スポーツ 体験教室 in こおりやま

障がい児をを対象とした、車椅子スポーツの体験会が行われることとなりました。

対象となる方、興味がある方への周知をお願いいたします。

 

※見学等興味のある方は下記までご連絡ください。

桑野協立病院リハビリテーション科 野村 潤

メール:fieldwet@gmail.com

 

PDF:車椅子スポーツ 体験教室 in こおりやま

 

 

 

  • 2017.02.02

介護職員の包括的腰痛予防研修会

1月12日、25日に南相馬市民文化会館(南相馬市)、いわき芸術文化交流館アリオス(いわき市)にて地域医療介護総合確保基金事業の一つの事業として腰痛予防研修会を開催しました。南相馬市では14名、いわき市では32名の介護従事者の方々にご参加頂きました。

 

介護職員の腰痛は今も昔も頻発しており、離職にも繋がってしまう深刻な問題です。今回の研修会は、腰痛の原因と対策、介助技術、福祉用具の活用の3つをテーマとし、講義と実技を交えた内容となっています。多くの参加者の方々から「大変勉強になった」「明日からの介護に使えそう」といった感想を頂いております。県内6地域の介護に関わる職員を対象に、各地区で順次開催しております。リハビリテーションの知識・技術によって、利用者様と介護職員の双方が安心・安全なサービスを提供できるようにお手伝いできればと考えています。

  • 2016.12.08

会津トレジャーリング 2017 バスケットボールクリニック スタッフ募集について

この度、トレジャーリングによるバスケットボールクリニックにおいて、メディカルチェックを行う運びとなりました。

このメディカルチェックは会津支部ミニバスケットボール部員を対象に、障害予防の意識向上を目的としたメディカルチェックや障害予防教室を行っていきます。
ご多忙中のことと存じますが、是非ご協力を頂きたいと思っております。ご参加の程、宜しくお願い致します。

 

【日時】平成 29 年 1 月 7 日(土) 12:30~16:30

 

【会場】あいづ総合体育館 会津若松市門田町大字御山字村上 164 番地 TEL:0242-28-4440 FAX:0242-28-4443

 

【内容】会津トレジャーリングバスケットボールクリニック ①メディカルチェック・・・膝・足・腰部所見,柔軟性テストなど ②講義・・・障害予防講習,栄養学講習 以上

 

 

 

詳細は下記リンクからご確認お願い致します。

 

会津BBC2017スタッフ募集について

  • 2016.12.01

メディカルクリエーションふくしまに出展しました

11月25日26日の二日間にわたり、ビックパレットふくしまで第12回メディカルクリエーション2016が開催され、5019名の来場となる大きなイベントとなりました。

 

医機機器関連メーカーと地域製造業・大学との技術交流の場として、医療機器設計・製造展示会と最新技術セミナーを行い、産業の発展を目指すものです。

 

年々国内だけでなく海外からの出展も増え、「医療機器ふくしま」のシンボルとして、世界からも一目置かれる展示会になりつつあります。

 

当士会としては医療介護ロボット展示の部分にブースを設置させて頂きました。当士会としましても、「医療機器開発産業」と「医療・介護現場のご意見」とをつなぐ、架け橋となるようお手伝いできればと考えております。