一般社団法人 福島県理学療法士会

日本理学療法士会 マイページ

県南支部

  • 県南支部
  • 2019/01/18

研修会(神経系)の開催

研修会(神経系)の開催

平成30年12月9日に白河厚生総合病院にて、福島県理学療法士会研修会が開催されました。

 

昨年度も講演していただいた広南病院の阿部浩明先生をお招きし、“重度片麻痺患者の歩行再建を目指した急性期から行う歩行トレーニング”をテーマにご講演していただき、105名の方が参加されました。

 

研修では装具療法の有効性や歩行トレーニングの方法、脳画像の活用について実際の動画などもみながら詳しく学ぶことができました。また他施設との連携方法についても講演していただき、今後に活かすことのできるとても有意義な研修会でありました。

  • 県南支部
  • 2019/01/09

第1回県南支部症例検討会の開催

第1回県南支部症例検討会の開催

平成30年12月6日に白河厚生総合病院にて、第1回県南支部症例検討会が開催されました。

 

風岡支部長の挨拶から始まり、34名の参加者のもと2名の症例について活発な意見交換が行われました。症例発表後には塙厚生病院の川井貴彦先生に「急性期脳卒中患者のリハビリテーションプログラム」をテーマに講演していただき、とても実りのある検討会となりました。第2回の症例検討会も予定されているため、多くの方に参加して頂ければと思います。

 

  • 県南支部
  • 2018/11/13

第3回多職種連携研修会

第3回多職種連携研修会

平成30年10月25日、白河市立図書館地域交流会議室にて第3回多職種連携研修会が開催されました。今回は、理学療法士会が講師担当という事で風岡支部長が「理学療法士による介護予防のすすめ」、「自立支援型地域ケア会議の紹介」と題して、グループワークも含めて行いました。

 

第1回目は、薬剤師、介護支援専門員、第2回目は、作業療法士会、介護福祉士が担当され、今回も、県南地域の多職種が約108名(PT11名)参加されました。この研修会は、県南地域の支援体制の構築として、多角的アセスメントから複合的ニーズに対応できることを目的に、2ヶ月に1回の頻度で行っています。今回は、理学療法士会担当という事で、県南支部会員のベテラン~新人まで多数参加され、顔の見える環境づくりが出来ました。

 

 

  • 県南支部
  • 2018/10/23

平成30年度 第2回県南支部役員会

平成30年度 第2回県南支部役員会

平成30年10月5日、白河厚生総合病院にて第2回県南支部役員会が開催されました。計18名の役員が参加され、風岡支部長の挨拶から始まり、拡大会議の内容についての報告や各委員会・部局からの報告などが行われました。下半期の県南支部活動を充実させられるよう、上半期の振り返りや意見交換を行うことができ、とても有意義な時間であったと感じました。

 

  • 県南支部
  • 2018/07/30

研修会の開催

研修会の開催

平成30年6月30日に白河厚生総合病院にて、福島県理学療法士会主催のマネジメント研修会と協会指定管理者(初級)取得研修会が開催されました。

 

マネジメント研修会では、臨床OJT研究会の会長をされている齋藤義雄先生に「OJT仕事の教え方」というテーマで講義をしていただきました。後輩の育成について現場ですぐに活用できる方法などを学ぶことができ、とても有意義な研修会でありました。

協会指定管理者(初級)研修会では、「中央研修伝達EPDCAについて」「職場でEPDCAを浸透させるには」というテーマで総合南東北病院の本田和久先生に講師をしていただきました。講義だけでなく2人ペアでのディスカッションも行われ、顔の見えるつながりの大切さなど、研修会を通して学ぶことができました。