一般社団法人 福島県理学療法士会

日本理学療法士会 マイページ

2019年3月

  • 県南支部
  • 2019/03/29

平成30年度 第4回県南支部役員会

平成30年度 第4回県南支部役員会

平成31年3月4日、白河厚生総合病院にて第4回県南支部役員会が開催されました。合計17名の役員が参加され、拡大理事会についての報告や各委員会・部局からの報告などがあり、来年度の県南支部の目標や研修会や各イベントのスケジュールの確認などが行われました。各々情報共有や意見交換もでき、とても有意義な会議でありました。来年度もさらに県南支部を盛り上げていけるよう力を合わせて頑張って行きます。

  • 県南支部
  • 2019/03/26

第2回県南支部症例検討会の開催

第2回県南支部症例検討会の開催

 

平成31年2月26日に会田病院にて、第2回県南支部症例検討会が開催されました。
4名の方に症例の発表をしていただき、31名の参加者のもと活発な意見交換が行われました。各発表やアドバイスなど、今後の臨床に活かせる検討会であったと感じました。
症例検討会は来年度も開催される予定のため、多くの方に参加していただければと思います!

 

 

  • 県北支部
  • 2019/03/26

県北支部「育プロ」企画研修会『リハトーーク』開催!

県北支部「育プロ」企画研修会『リハトーーク』開催!

平成31年3月13日、あづま脳神経外科にて県北支部「育プロ」企画研修会『リハトーーク』を開催しました。

 

 

この「育プロ」企画研修会とは、去る12月1日に行いました中堅「育プロ」に参加された方々から研修会運営委員を数名選出し、研修会を企画・運営するという趣旨で行うものです。ここまで、運営委員(中堅のPT)が県北支部の現役員と協働で企画しました。

 

 

 

今野支部長と運営委員

 

今回の研修会は、「ざっくばらんに皆さんと日頃の臨床での疑問解決していきたい」というもので、若手から中堅、セクションリーダーと経験を問わず26名が参加され、分野別にテーマに沿ってディスカッションを行いました。

 

在宅分野
運動器疾患分野
脳血管疾患分野

 

 

 

 

県北支部で目指す垣根のない横の繋がり、その一つの形として今回の研修会はきっかけになったかと思います。

 

また、会員自身で企画・運営に携わる事で支部活動体験し、身近に感じる機会となったと思います。今後も様々な活動を通して会員を巻き込み、支部一丸となって『垣根のない横の繋がり』の実現を目指していきます。

 

 

  • 県北支部
  • 2019/03/14

平成30年度 第3回 県北支部役員会開催

平成30年度 第3回 県北支部役員会開催

 

平成31年3月1日、第3回県北支部役員会が開催されました。

 

 

平成30年度の振り返りとして、世代別の交流プロジェクト(育プロ、施設代表者・セクションリーダー研修会)をスタートさせることができ、特に中堅PT育プロでは、参加者が企画者となって実際に研修会の企画・運営を行うなど、会員参画型の支部活動を目指して取り組みにチャレンジする事ができました。また、協会指定管理者研修会では支部会員の皆様のご協力により支部として56%の取得にこぎつける事ができました。

 

 

平成31年度の活動については、今年度の取り組みをブラッシュアップする事を重点に置き、前回会議で議論されました①会議の回数の見直しを図り会議の適正化を目指す、②支部勉強会のあり方の再検討、③顔の見える横の繋がりの継続、の3点を中心に進めていく事となります。

 

 

①の会議については県北支部組織図を作成し、会議の目的・構成・頻度を明確化して周知する事で会員に対して活動の見える化を図り、会員のご理解とご協力を得られるよう役員一同より一層責任をもって活動にあたる事を目指します。

 

 

②の支部勉強会については、従来の症例検討会を見直し、全員参加型の検討会を企画し、参加しやすい研修を目指します。

 

 

③の顔の見える横の繋がりについては、一人職場などの施設を対象に施設訪問を行い、「支部活動の広報」と「支部役員との繋がり」の機会を作る支援を図ります。

 

 

その他にも地域包括ケア推進委員を中心に自立支援型ケア会議に向けての助言者の育成・管理・情報共有の強化、活性化委員会を中心に支部情報発信(支部ニュースの発行)など様々な視点から支部の活性化を目指して活動を進めていく予定です。
引き続き、支部会員をはじめ県士会全体に活動報告を行い、成果を示していけるよう努力していきます。


archive-shibupost